むだ毛の一番良い処理方法とは?

正しいと思ったこの行為、実は肌に負担をかけている

夏場など肌を露出する機会が多い時期、ムダ毛の処理に悩む女性は少なくありません。サロンや医療機関で脱毛を行うのが一番と分かっていても費用や時間がなく自己処理だという人もいるでしょう。手軽で時間のかからないカミソリで処理を行う人もいますが、普段行っている除毛行為が実は間違っており肌に負担をかけてしまう恐れが存在します。
肌がチクチクするのが嫌だと毎日剃る行為は肌にストレスを与えてしまいます。また、生理期間が重なるとこの時期はホルモンバランスにより肌の状態がいつもより敏感になり肌トラブルを引き起こしやすくなります。また、毛の流れに逆らって剃る行為はカミソリの刃により毛が逆立ってしまい皮膚がめくれたり、カミソリ負けを引き起こしてしまいます。正しい除毛行為を知って、綺麗な肌を保つことが大切です。

蒸らして、保湿で肌に優しいムダ毛処理

ムダ毛処理を行う際、乾いた肌やボディーソープを利用したシェービングはおすすめできません。この行為は皮膚の角層を無理やり剥がしたり、皮脂のをとってしまいます。皮膚を傷つけないため、シェービングクリームを使うのも良いですが医療機関によっては手荒れ予防に使われるワセリンを使用するのが良いとされてます。
正しい除毛行為とは、まずはお風呂に浸かり角質や疲れを十分に落とします。次に剃る部分に蒸しタオルを当てて毛穴を開けて剃りやすい状態を作りましょう。肌の保護のため、ワセリンなど専用のクリームを肌に付け毛の流れに沿って優しくムダ毛を処理します。このままでは肌が乾燥しやすくなり肌に汚れが溜まってしまいます。剃ったあとは手持ちの化粧水や保湿クリームをつけて最後まで肌に負担が掛からないよう気遣いが大切です。